文字サイズ

神戸アリーナプロジェクトにて「ZEB Ready」認証を取得 ~大規模アリーナ施設(収容人数10,000人規模)で国内初~

NTT都市開発株式会社 2023年12月7日

NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 上 広志)は、2023年4月に新築工事に着手し、2025年2月竣工、2025年4月開業に向けて開発を進めている神戸アリーナプロジェクトにて、大規模アリーナ施設(収容人数10,000人規模)では国内初※1となる「ZEB Ready」認証を取得しましたので、お知らせいたします。

当社は、 NTT アーバンソリューションズグループが掲げる環境負荷低減の取り組みスローガンに基づき、ZEBなどの環境認証取得等、環境に配慮した不動産開発に積極的に取り組んでおります。

本物件においては、アリーナ気積縮小による空調負荷の低減※2、全熱交換器の導入、CO2濃度センサーによる外気導入量制御等により、基準一次エネルギー消費量から約52%の削減を達成し、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)認定の最高評価(五つ星)を獲得するとともに、「ZEB Ready」認証※3を2023年9月30日付で取得いたしました。

当社はこれからも、環境性能に優れた建物の開発などを通じて、持続可能でカーボンニュートラルな社会の実現に貢献してまいります。

「神戸アリーナ(仮称)」外観イメージ(北西突堤基部から望む)
「神戸アリーナ(仮称)」外観イメージ
(北西突堤基部から望む)
  • ※1「BELS評価書交付物件事例データ一覧」(一般社団法人住宅性能評価・表示協会、2023年11月20日現在)に基づく、収容人数10,000人以上のアリーナ施設のなかで国内初です。
  • ※2V字の屋根形状によりアリーナ内部の気積を縮小し、空調負荷を低減できる計画です。
  • ※3ZEB Readyとは、「『ZEB』を見据えた先進建築物として、外皮の高断熱化および高効率な省エネルギー設備を備えた建築物」と定義されています。判断基準としては、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減に適合した建築物となります。なお、本施設のZEB Ready認証範囲は、飲食・物販店舗部分を除いた「観覧場用途」の範囲です。

環境性能向上のポイント

建築導入技術

  • アリーナ気積縮小による空調負荷の低減
  • 開口部の限定や、アリーナ外周へのバッファー
    空間配置による外皮負荷軽減
  • 屋上緑化など

設備導入技術

  • 全熱交換器の導入
  • CO2濃度センサーによる外気導入量制御
  • 空調設備のインバータ制御
  • 空調空気のカスケード利用
  • LED照明、人感センサーの採用など
BELS★5 ZEB Readyを取得 イメージ
BELS★5
ZEB Readyを取得

【関連リリース】

<神戸アリーナプロジェクト 概要>

事業名称 新港突堤西地区(第2突堤)再開発事業
所在地 神戸市中央区新港町130番1、130番2
敷 地 面 積 約23,700㎡
延 床 面 積 約32,300㎡
階数 7階
収容客数 約10,000人
構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
用途 観覧場、飲食・物販店舗
竣工時期 2025年2月(予定)
開業時期 2025年4月(予定)
土地所有者 神戸市
建物所有者 NTT都市開発株式会社
運営会社 株式会社One Bright KOBE
設計・施工会社 株式会社大林組
コンストラクションマネジメント会社株式会社山下PMC

お問い合わせ先

広報室 鈴島・若松  
Tel.03-6811-6241